鹿児島県

霧島市

公園・広場

国立公園霧島

昭和9年、雲仙、瀬戸内海とともに日本で初めて国立公園に指定されました。その後、昭和39年屋久島、桜島、指宿、佐多が加わり、霧島屋久国立公園となりました。そして、平成24年3月16日に霧島錦江湾国立公園として生まれ変わりました。本市の素晴らしい景観と自然環境は、鹿児島市、指宿市と並ぶ鹿児島県の主要観光地の一つに挙げられています。鹿児島・宮崎両県にまたがる霧島山を中心に、その山麓を包括して、霧島と呼称され、鹿児島県霧島市・湧水町・宮崎県えびの市、小林市、都城市、高原町などで霧島地域を構成しています。また、我が国随一の海域カルデラとしてその周辺海域を包括して、錦江湾と呼称され、姶良カルデラの南縁に位置する桜島を中心として、佐多岬、指宿などで錦江湾地域を構成しています。山紫水明、風光明媚、また温泉の地として多くの観光客がこの地を訪れています。

霧島山はその山肌を7色に変化させると言われ、「韓国岳」「高千穂峰」に代表される20数座の火山群と、日本でも比較的高い位置にある「大浪池」を筆頭とする6つの火口湖を擁し、世界でも珍しい名所としてその名を馳せています。火山のほとんどは現在休止中ですが、新燃岳、硫黄山、高千穂峰に見られるように活動を続けているものもあります。これらの山々は、春はミヤマキリシマのピンク色、夏は新緑の緑色、秋は紅葉の赤黄色、冬は霧氷の白色と、四季折々に姿を変え、季節の移り変わりを全身で表現します。

観光地について 交通・アクセス
所在地
鹿児島県霧島市

近隣の観光スポット