山口県

宇部市

独特な強い香りとほのかな渋味をもち、甘味に富んだ味が特徴

山口茶

山口県では、室町時代からお茶が栽培されていたとされ、瀬戸内海沿岸では江戸時代に茶粥を食べる習慣も伝わりました。

宇部市のお茶は主に小野地区で生産され、県内の9割以上を生産しています。独特な強い香りとほのかな渋味をもち、甘味に富んだ味が特徴です。

産品について 取扱事業者/生産者について
分類
日本茶
原材料
内容量
-
入数
-
保存(温度帯)
常温
賞味期限
12ヶ月
希望小売価格(税抜)
-
出荷可能月
年間