福井県

大野市

独特の歯ごたえと味わい 里芋の煮っころがし

上庄里芋

 白山連峰から流れでる清らかで豊かな水、昼間と夜間の気温差が激しい盆地の気候と、扇状地という奥越前ならではの風土が生み出した「里芋」。ぬめりが少なく独特のその歯ごたえに、一度食べたら忘れられないという人も多くいます。また、身が締まり、煮崩れしないのも特徴です。

 地元での代表的な伝承料理は、何といっても「煮っころがし」です。醤油とみりんで甘辛く煮込んだシンプルな料理ですが、しっかりとした味と歯ごたえがあり、ひとつ食べると、ついもうひとつと思わず箸がすすみます。家庭料理として、老若男女問わず愛されている一品です。

 仏教王国である福井では、報恩講(「ほんこさん」ともいわれる)という行事が行われ、その際に会食される料理にも登場。また、祭・祝事でも、醤油で煮込んだ里芋を入れて炊き上げる「里芋赤飯」やもち米の中に混ぜこんで作る「いもぼたもち」などに使われています。また、味噌汁やおでんの具など、地元の人にとっては、日々の暮らしの中でも、切っても切れない食材です。

産品について 取扱事業者/生産者について
分類
里芋
品種
-
規格
-
保存(温度帯)
常温
希望小売価格(税抜)
-
出荷可能月
9月 〜 11月