石川県

七尾市

世界が認めた泉質

和倉温泉

明治4年の廃藩置県の際、村人の尽力により和倉の湯権は藩から民へと渡りました。さらに明治12年から13年にかけて湯島までの埋め立てが進み、ついに陸続きとなります。また、その年にはドイツで開催された万国鉱泉博覧会で和倉の湯が三等賞を受賞。世に名声を博しました。以後、常に豊富で良質なお湯を利用していただくため、試行錯誤を繰り返し、今日につながっています。

泉質・特徴
塩化物泉 (和倉温泉5号8号10号13号源泉)
"海の温泉"ならではの豊富な塩分
泉温:
89.1度
湧出量:
1日 14,399石(2,618t)
湧出形態:
自然湧出泉
浴用の適応症:
胃腸機能低下
便秘
飲用の適応症:
関節リウマチ
備考

近隣の温泉