熊本県

八代市

宮地手漉き和紙

慶長5年から製造が始まったとされ、藩の特産品として流通していました。
現在はたった1人の職人、宮田寛さんによって伝統が守られ、継承されています。

工芸品について 取扱事業者/生産者について

関連工芸品