鹿児島県

霧島市

かいのこ汁

お盆に作られる精進料理の一つで、「かいのこ汁」という呼び名は、粥の子がなまったものです。
粥の子とは、お盆のごちそうとしてお供えする白粥の添え物(粥の子)という意味があります。

材料・レシピ(作り方)

材料 (4人分)

ゆで大豆 60g
干し椎茸 2枚
昆布 5cm角
ごぼう 30g
こんにゃく 60g
薄揚げ 10g
かぼちゃ 50g
みがしき 20g
なす 50g
水+昆布+椎茸だし 4カップ
みそ 50g

作り方

昆布と干し椎茸は水で戻しておく。具材は食べやすい大きさに切る。

鍋に水+だし汁とかぼちゃ・みがしき・なす以外を入れてしばらく煮る。かぼちゃ・みがしき・なすを加えて煮て、みそを加える。(なすは別ゆですると汁の色が変色しない)

※普段食べる時は、いりこだしを使ってもおいしい。