長崎県

平戸市

磯のかおりが漂う みなごはんは 春のごちそう 

みなごはん

春の磯時期に海岸では磯石をひっくり返しみな(貝)を取り、塩湯がきし、中身を取り出します。これが大変な作業。この作業なしではみなご飯は食べられない。

材料・レシピ(作り方)

材料 (2人分)

平戸米 1カップ
ミナ貝 100g
人参 1/3本
ごぼう 1/3本
干し椎茸 2枚
みな煮汁 1/5カップ
小1/2
大1/2
薄口醤油 大1

作り方

みなは、よく洗い水から煮て、沸騰したらザルにとり針等で身を抜く。
身だけをひたひたの水でゆで、ゆで汁はとっておく。

干ししいたけは、水で戻しうす切りにする。にんじん、ごぼうはささがきにする。

米にみなのゆで汁と調味料、の材料を合わせて炊飯器に入れ炊く。

炊きあがったら全体を混ぜ、木の芽などを飾る。

この料理の使用産品

関連料理