石川県

七尾市

豊かな自然や文化を大切にして、みんなのしあわせを願い、
安心とやさしさにつつまれた夢あふれる未来に羽ばたく

七尾市は石川県の北部、能登半島の中央に位置し、北は穴水町、西は志賀町、
南は中能登町と富山県氷見市と接しています。
2004(平成16)年10月1日、「港と温泉のまち 七尾市」・「建具のまち 田鶴浜町」・「演劇のまち 中島町」・「観光の宝島 能登島町」の1市3町が合併し新七尾市が誕生しました。
日本で最大規模の山岳城「七尾城」が築かれていた城山に七つの尾根(松尾、竹尾、梅尾、鶴尾(菊尾)、亀尾、竜尾、虎尾)があったのが「七尾」の名の由来とされています。
市章のデザインは、「七尾市の頭文字(イニシャル)の「N」を使って、豊かな恵みをもたらす美しい七尾湾の波と温泉の湯けむり、さらに未来・世界へ向けて躍動する市民の姿を表現」しています。

産品・料理

食材カレンダー

-

漁獲量
産品名
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

PR動画

イベント情報