秋田県

藤里町

世界自然遺産 白神山地の麓 雄大なブナの森に抱かれた町

秋田県の最北端に位置し、青森県との県境一帯は標高1000mを超える山並みが連なる白神山地であります。
白神山地に水源を発する、藤琴川・粕毛川は広大な自然に覆われ、特に粕毛川源流部は
平成5年12月に屋久島と共に日本で初めて世界自然遺産に登録された広大なブナ原生林核心部であり、
容易に人を寄せつけない自然度を保っています。
さらに、白神の森と水が生み出した「白神山地ワイン」「白神山水」。
冷涼な気候風土で栽培されることで色鮮やかな花を開く「あきた白神りんどう」。
ネギ、まいたけ、サフォーク種ホゲット、「あきた白神ラム」などのたくさんの農産物が、
雄大な自然のもとで育まれています。

産品・料理

食材カレンダー

-

漁獲量

イベント情報