石川県

珠洲市

祭りの國 奥能登・珠洲

本市は、日本海に突出した能登半島突端に位置し往時から出雲、佐渡、「えぞ」を繋ぐ海洋交通の関門として、比較的早期に出雲方面から鉄器文化を輸入したことが窟われ、開田の営みも亦自ら促進するなど、その一説には古代能登文化は此の半島突端に発祥したとも考えられています。

珠洲について、最初に表記されているのは、平城京出土木簡(713年)であり、その後出雲風土記(733年)の国造り神話に、高志(こし)の都都(つつ)の三埼を余ありやと見れば、国来国来と引き寄せて三穂の埼ができたとあり、能登の「スス」の岬を出雲で「ツツ」と発音したのであろうと考えられています。都都・須須・鈴など色々な字がこの頃は、充てられていますが、「須須」は「鈴」の読みであり、「珠洲」は特に地名に選ばれたのではないかと考えられています。

産品・料理

食材カレンダー

-

漁獲量

PR動画

イベント情報